ベトナムのホーチミン


03

 日本からベトナムまでは、飛行機で6時間ほどで、時差は日本より2時間ほど遅れています。
 ベトナム南部のホーチミン市は、東南アジアの各都市と比較しても、観光スポットとして人気が高い街です。歴史的な建物や寺院が街にあふれており、荘厳な雰囲気を醸し出しています。近年では、高層マンションやショッピングセンターなどが増え、さらなる発展も見せています。

 ホーチミン市は、観光だけでなくショッピングも楽しむことができ、ベトナムでしか買えない伝統的な手工芸品などを購入できます。また、チャイナタウンがあることでも有名です。
 ショッピングセンターが増えたりと、近代化が進むベトナムですが、未だに人々の生活の中心となっているのが市場です。市場は新鮮な野菜や魚介がたくさんならび、朝から地元の人たちで活気に溢れています。中でもホーチミン市のベンタインマーケットは特に賑わいを見せており、早朝6時には市場が開き、ナイトマーケットとなる23時までの一日中地元の人や観光客の熱気に包まれています。そのため、ベンタインマーケットはベトナムのローカルな市場を楽しめるとして、ホーチミン観光の王道スポットとなっています。

 ベンタインマーケットでは、フードコートも数多くあるため、さまざまなベトナム料理を味わうこともできます。夜になると市場は閉店が始まりますが、その後はたくさんの屋台が並ぶナイトマーケットへと変わり、より豊富なグルメを楽しめるスポットになります。